2017年7月28日金曜日

New Jersey hardcore scene - 1





TURNING POINTをさらに遡ると、Frank "Skip" CandeloriとJay Laughlinが在籍したPOINTLESSに辿り着く。結成が1986年のことで、early 80's west coast punkに通じるサウンドはCIRCLE JERKS、BLACK FLAGライク。
そして1988年にTURNING POINTを結成し、現代ではNJHC legendsに位置付けされているわけだが、解散が1991年で3〜4年しか活動していないのに驚きを覚える。
New Yorkを拠点としていたBOLDやUP FRONTと共に活動し、emotional hardcore/old schoolの礎を築いた功績は計り知れない。

TURNING POINT解散後、SkipとJayはGODSPEEDを、さらにSkipはSteve CrudelloとMEMORIAL DAYなるプロジェクトを組むもののいずれも短命で終わっている。
これらのSkipが辿った軌跡は、彼が亡くなった後"tribute to Skip Candelori"として音源化されたようだ。

その他、TURNING POINTから派生したSHADOW SEASONにはJay LaughlinとKen Flavellが在籍。Harvest Recordsに所属していたバンドで、レーベルカラーに準じないemotional hardcoreだけに、コレクトアイテムになっているのが現状といえるか。
Kenの現行バンドSEARCHは、ex RELEASEのChris Zusiも在籍と重鎮が集う。

そして2016年にリユニオンしたTURNING POINT。RESSURECTIONのRobert Fishがボーカルを務めたThis Is Hardcore 2016に引き続き、MOUTHPIECEのTim McMahonを迎えてUKのOutbreak Fest 2017への出演も果たした。


TURNING POINT - "BBQ Iguana, 1989 - Washington D.C."
 





TURNING POINT在籍時のSteve Crudelloは、NO ESCAPEのメンバーとしても活動の域を広げている。
Overkill Recordsリリースの"just accept it"にボーナストラックとして収録の"demo 1990"は、後の90's metallic hardcoreと言われるスタイルをこの時期に早くも確立。
しかし認知度がイマイチな気はするが、UNDERTOWにも十分比肩していた。
単独のほか、Temperance Recordsからスプリット(w/ TURNING POINT)、VA"rebuilding"を出している。

ボーカルのTim "Swinger" Singerは、ex RORSCHACHのKeith Huckinsらと1994年からDEADGUYとして新たに活動を始める。当初UNSANEにインスパイアされていた彼らだったが、同世代のBOTCHやCOALESCEらと共にmathcoreというサブジャンルを形成していった。

1995年にはVictory Recordsと契約を果たし"fixation on a co-worker"をリリース。しかし中心メンバーの2人を失うことになってしまう。
SwingerとKeithが1996年に脱退し、Seattleへ渡りKISS IT GOODBYEの結成へと至った。

一方DEADGUYのラスト音源"screamin' with the deadguy quintet"は、Tim "Pops" Naumannがベース兼任でボーカルを務めていたが1997年に解散。

NO ESCAPEは2016年にリユニオンし、曲も書き始めているようなので新作に期待。


NO ESCAPE - "falling"
 





RELEASEが1991年に解散すると、Robert FishはRESSURECTIONを結成した。
当初LIFETIMEでも活動していたDan YeminとAri Katzも在籍していたが本業に専念すべく脱退、後にFishがボーカルを務めることになるNYベースの108からChristopher Daly、ex RELEASEのChris Zusiが加入。
そしてNew Age Recordsから7ep"self titled"をリリースする。
その90's political hardcoreは、Ebullition RecordsのSTRUGGLEやDOWNCASTとも対峙するサウンドだった。

1992年のRedemption Recordsから"culture"を挟み、古巣New Age Recordsに戻りフルレングス"I refuse"をリリース。1994年の解散から7年の歳月を経て、コンピの曲も収録した"I am not : the discography"がDeathwish Incからリリースされた。
オーナーであるCONVERGEのJacob Bannonによるリミックスで次世代にも存在を知らしめた。

ちなみにFishらがかつて在籍のRELEASEは、一緒にスプリットを出していたCOURAGEのChris Caponagroが掛け持ちしていたバンドでもある。


RESSURECTION - "August 24, 1991"

 

: my collection :

 

0 件のコメント:

コメントを投稿