2017年5月21日日曜日

Dutch hardcore scene - Ⅴ




2001年から2007年まで活動していたINSTILは、本国オランダより周辺各国からいち早く評価を受けた逆輸入バンドといえる。往年はAS WE FIGHTやHEAVEN SHALL BURNの正統なEuro metalcoreだが、Beniihana Records在籍時の"questioning like only consciousness can question"は印象がちょっと違う。
結成間もないこの作品はDESTINY、SELF CONQUESTライクなemotional new schoolの要素が強く感じられた。

アリゾナのKYDS VS COLUMBUSとのスプリットを挟み、Garden Of Exile Recordsへ移籍、"fire reflects in ashes"と"stalking death"をリリースしている。THE HAUNTED、AT THE GATESやHATEBREEDといった大御所とのライブもこなし解散が惜しまれたが、このDNAはLIES!へと引き継がれていく。

またRené SmitとJoop Suelmannは、"fire reflects in ashes"を出した頃にTHE ARCHITECTなるサイドプロジェクトを始めているが、大成しなかったのか動向が不鮮明。


INSTIL - "time love and memories"





2010年、ex INSTILのボーカルRené SmitとギターのSander Oldersmaは新たにLIES!を結成する。インドネシアのDiorama Recordsから3way(w/ HANDS UPON SALVATION、DECONSECRATE)をリリースしたのも記憶に新しい。

2013年の"nineties"には、"demo 2011"の3曲もそのまま収録され、To The Lion RecordsからLP盤として出している。
音はというと、MERAUDERやALL OUT WARに代表される16分の刻みが特徴的で、現行だとSWORN ENEMY、LIFELESSらの部類に分けられる。

ちなみにTHE FIFTH ALLIANCEもDiorama Recordsに所属するバンドで、Grains Of Sand Recordsリリースの"death poems"をカセット盤で出している。この作品にはその他複数のレーベルが絡んでいて、注視すべきdoom/sludge hardcoreバンドなのだろう。


LIES! - "written in blood"
 





ex INSTIL、LIES!のギターSander Oldersmaはボーカルとして、NOT IN THIS LIFETIMEを2015年から始動させている。他のメンバーに同じくex LIES!のJeroen HabetsとMarcel Siegersも在籍する後身バンドとはいえ、melodic old school/emotional hardcoreには肩透かしを食らう。

そのEMPATHYやBROKEN CIRCLEに通じるスタイルは、熟練がゆえ成せる術というか計算された曲展開とメロディーセンスが印象に残る。

すでに"demo 2015"とフルレングス"vultures"をBound By Modern Age Recordsからリリースしていて、"vultures"のCD盤はUKのMark My Words Recordsからの配給となっている。ちなみにBBMAのカセット盤はlimited 50。この生産ラインは今では盤石な関係といえるか。

NITLが所属しているように、MMWはSTOLEAWAYやRADIANCE等、この手を得意とするところでもある。


NOT IN THIS LIFETIME - "cursed back into the grave"



: my collection :
 

2017年5月6日土曜日

Dutch hardcore scene - Ⅳ




FIRST FIGHT DOWNは、1997年結成から現在も活動を続けている90's styled metalcoreバンド。Bound By Modern Age Recordsから突如"demo 2015"がリリースされ、まだ継続していたことが判明した訳だが、中期REPRISALからSUPERIOR、MORNING AGAIN路線は相変わらず、といったスタイル。

これは新作LP"revelation:extinction"然りと言いたいところだが、A面の4曲中3曲はすでに"demo 2015"に収録、B面には2008年Cross Fire Cult Recordsリリースの"self titled"から4曲を追加したもので既存曲が多い。
しかし、ひと回りした世代への需要だろうし、配給はBBMA/Rage Recordsとあり、注目度もうかがえる。

またその他過去音源は、ベルギーのBACKBONEも所属したScenestar Collectiveから、"shades of distress"が2001年にリリースされている。


 FIRST FIGHT DOWN - "shades of distress"




 

2000年の結成と、意外に古参なWITNESS THE FALLはFFDのAron MolenschotとMichiel Gossensが並行して活動している。
元々TRESOREとして活動していたバンドに加入した形になるのだが、TRESOREのオリジナルメンバーは現在、ドラムのRik Mousしか残っていない。

WTFは、90年代後期にGoodlife Recordingsが抱えていたSKYCAMEFALLINGやIN DYING DAYS、そして現代のRENOUNCEDにも比肩する90's melodic metalcoreで、"light is the darkness his greatest fear"はBBMAのファーストリリースとなった。

"reflections"に続いてのスプリット(w/ TITAN)が最新の音源となり、CD盤は提携するUKのMark My Words Recordsからリリースされている。


 WITNESS THE FALL - "de herfst"



 
 
 
René LeijtensとRick Lieffering、そしてFFDのMichiel Gossensが2006年に結成したdeath metallic hardcoreバンドTHE DARKEST RED

FFDのシンガーAron Molenschotとex BLIND SIGHTのAuke Visserがギターで加入し、2009年にCross Fire Cult Recordsから"destroy & rebuild"をリリース。

しかし"assimilation"ではMichielが脱退、替わりにこれまたFFDのJaap Kouwenbergが加入している。サウンドはffo RAFFLESIA、CRIMSON FALLSといったところだろうか。
 
彼らは2015年に解散したわけだが、これがFFD再始動に動き出すきっかけになったように思える。
 

THE DARKEST RED - "origin"
 
 
 
: my collection :